港区の歯周病・インプラント | アーサクリニック
HOME>歯周病

歯周病の治療法

歯周病はどうやって治すの?
(1)歯ブラシによるプラックコントロール

患者さん自身によるプラックコントロールの効果を高めるために、徹底的な歯ブラシによる清掃のトレーニングが不可欠です。歯周病の治療や予防のためのブラッシングは、「食べたら磨く」とか「染め出された部分を磨く」といったような、むし歯予防の「歯みがき」の概念は通用しません。

基本的な「歯みがき」ができた上で、それでも歯肉の炎症が取れない部位に対しては、「溝磨き」という歯周病治療に適したブラッシングが効果的です。「溝磨き」の「溝」とは歯周ポケットを指します。イメージとしては、この溝をめがけて毛先を当てて、押し込みながら動かすのですが、これ以上は実際にトレーニングを受けないと説明ができませんので、一度、指導を受けてみるといいでしょう。

また、歯肉マッサージ、つまり表から見える歯肉をいくらこすっても歯周病の治療にはなりませんので注意してください。なぜなら歯周病が起きている部分は、表から見えない「歯周ポケット」の内側の歯肉だからです。
 
(2)歯石の除去

歯ブラシでは除去できない沈着物に歯石があります。歯石は堆積したプラックが唾液中のカルシウムによって石灰化したものです。歯石は、下顎前歯の裏側に黄色っぽい
沈着物としてよく見られますが、それ以外にも、表から見えない歯周ポケット内の歯根面に付着した歯石は、黒くて硬いという特徴があります。

過去の研究から、歯石自体は歯周病の直接原因にはならないことが知られています。ただし、歯石の表面はゴツゴツしているために、そこにプラックが付着しやすいことから、プラックコントロールを容易にする目的で、歯石は除去の対象になります。

繰り返しますが、歯石を取ることだけで歯周病は治りません。あくまでも患者さん自身によるプラックコントロールが主役で、歯石を取ることは補助的行為だと思ってください。

(3)歯周ポケット内のプラックコントロール

正常な組織である「歯肉溝」が、歯周病菌によって病的変化したものが「歯周ポケット」です。深くなってしまった「歯周ポケット」は、通常歯ブラシだけでは管理できません。歯周ポケット内の環境を変えない限り、治癒は難しいことになります。

歯周ポケット内の環境を変えるとは、歯周病菌を減らすと同時に、歯周病菌の増殖を抑える働きをする、いわゆる善玉菌を増やすことと言えます。歯周ポケット内には2種類のプラックがあって、それらは歯根面に付着しているものと、ポケット内に浮遊しているものに分けられます。両方とも歯周病と密接な関係がありますので、これらのプラックを除去します。

さらに、空気に触れにくい歯周ポケット内は、酸素の嫌いな嫌気性菌(歯周病菌)が住みやすい環境ですので、この治療によって酸素の豊富な環境に変え、善玉菌の活動を活発にさせることが期待できます。

しかし、ある程度以上の深さの歯周ポケットの場合は、実際問題として、深い部分までは充分に処置ができません。その場合は、積極的に歯周ポケットそのものをなくしてしまうために、最終段階として外科的な手段が必要になります。

(4)歯周外科手術

歯周病治療における外科手術の主な目的は、清掃管理のできない深い歯周ポケットをなくして、患者さん自身のプラックコントロールを可能にする歯肉の整形手術と思えば分かりやすいでしょう。

これは、手術をすれば歯周病が治るということではなく、手術をすることによって歯周病を治すためのプラックコントロールが可能になるということです。ですから、勝負は、そこからのプラックコントロールにかかっているということになります。

近年、歯周再生療法(特殊な浸透膜や、骨再生能力のある特殊なタンパクを用いることによって歯周組織の再生を期待する手術法)の応用も報告されるようになってきました。しかし、適応症の条件を考えると、限られた症例にしか対応できないのが現状です。

早期発見・早期治療

歯周外科手術を必要とする段階は、かなり進行した歯周病です。

グラグラになって抜け落ちる歯でも、最初は、よくよく診査しないと見落としてしまうような初期の歯周病からスタートします。

癌も早期に発見できれば治せる時代です。癌の末期になってから生死をかけて手術に挑むのと、元気なうちに早期の癌を見つけて対処するのとでは、医療として、どちらに軍配が上がるでしょうか。歯周病と癌とでは、ことの重大性に差はありますが、病気の治療という点では同じです。

歯周病を治す能力について考えた場合、外科の能力も大切でしょうが、もっと大切なことがあります。それは初期の歯周病を見つける能力と、その初期の段階で治す能力です。なぜなら、どんなに難しい外科手術を成功させたとしても、その後の正確な診査と適切なプラックコントロールの能力がなければ、外科手術をしたことはすべて無駄になってしまうからです。