港区の歯周病・インプラント | アーサクリニック
HOME>歯周病

歯周病

歯周病って、なに?
みんなの病気の「歯周病」

日本の歯科疾患実態調査で「歯周病」は、成人の過半数以上が罹患している疾患とされ、初期の歯周病まで含めるとその罹患率は8割とも9割とも言われています。それどころか「歯周病」は、世界中で最も多くの人が罹っている病気としてギネスブックにも載っています。それが「歯周病」なのです。まさに歯周病は国民病を越えた人類病と言えるのかも知れません。

古くは「歯槽膿漏」とも呼ばれていたこの病気は、放っておくと、むし歯や被せ物がないきれいな歯でも、たいした自覚症状もなく、歯を支えている歯槽骨が破壊されます。歯は骨の支えを失うに従ってグラグラになり、最終的には抜け落ちてしまいます。歯がなくなれば、自動的に「歯周病」はなくなります。

最近では、「歯周病」が「生活習慣病」の一種であるかのような誤った解釈をされていたり、心臓病や糖尿病などの全身の疾患との関連性が報告されていますので、なんとなく「歯周病」は怖い病気というニュアンスが世間に広まってきているようです。

歯周病の治療の基本はプラックコントロール

プ ラックとは、自分の歯や被せ物の表面に付着している微生物の集合体のことです。この場合のコントロールの意味は、健康が維持できる程度の清掃と思えばいいでしょう。つまりプラックコントロールとは、病気の原因になる微生物の集合体を、健康が維持できる程度に管理することを意味します。

それには患者さん自身が行うものと、歯科医院で行うものとがあり、前者は歯ブラシを主体とした清掃で、後者は患者さんの清掃だけでは不完全な部位が対象になります。両方とも必要な行為ですが、患者さん自身のプラックコントロールが、何より重要で効果的な方法であることに異論はありません。