港区の歯周病・インプラント | アーサクリニック
HOME>納得!歯科治療

歯周病

歯周病を治そう!治す秘訣とは・・・

患者さんに「歯周病はちゃんと治りますよ」と説明すると、「本当ですか」とか「治るんですか」というような反応が、意外にも多いのには驚かされます。これは、世間一般で「歯周病は治らない」という誤った常識が浸透している証拠だと思います。

もしも、「歯周病」が本当に治らない病気で、それも最近マスコミで取り上げられているように全身の病気と関連のある疾患なら、なぜ「難病」に指定されないのでしょうか。
その理由は、すでに歯周病の病因論が解明され、基本的な治療法も確立されているからです。

また「歯周病」が、糖尿病 や高血圧のように、長期的な食生活の乱れや運動不足やストレスがその発病の危険因子になるような生活習慣病なら、なぜ厚生労働省は歯周病を生活習慣病に指定しないのでしょうか。それは、普通の食生活で普通に歯を磨いている人でも歯周病になることからもわかるように、特異な生活習慣とは無関係に発症する感染症だからです。

歯周病は難病でも生活習慣病でもありません。それは医学上の常識です。にもかかわらず、冒頭に述べた「歯周病は治らない」という認識はどうして生まれたのでしょう。


今や、成人の大多数がかかっているといわれている歯周病、まさに国民病といっても過言ではありません。治るはずのこの病気が、これだけ蔓延している理由を、ここで少し考えて見たいと思います。

歯周病は「痛み」や「しみる」などの自覚症状は、原則としてありません。「歯茎が腫れる」とか「歯がぐらぐらする」といったような症状が出たときは、かな り深刻な状態で、末期的症状とも言えます。それから、ひどい歯周病でも、罹り初めの頃の歯茎は、歯周病の治療に精通し ている歯科医でも、油断していると見落としてしまうくらいに健康な歯茎と見分けが付きにくいものなのです。

歯科界は、歯周病でダメになった歯を抜いてインプラントを入れることを、「治療」と呼ぶ異常な感覚が支配的です。ですから、わざわざ重度の歯周病の歯を治療して残そうという感覚が希薄です。

また、歯周病の特効薬や特殊な手術法などの情報が、マスコミで話題になることもあります。しかし、歯周病治療に関する限り、マスコミ情報の中で本当に役に立つ情報は、皆無と言ってもよいと思います。

歯周病の罹患率を考えても、歯周病の治療以外の理由で歯科医院に通院している患者さんの大多数が、現在、歯周病に罹っていることになります。当然、歯周病 の治療が必要になってくるわけですが、現実は、治療はおろか、歯周病の説明も歯周組織が健康かどうかの診査もしていないようです。

それは、明らかに歯周病に罹っている初診の患者さんに、「今までにかかった歯科医院で歯周病の治療を受けたことがありますか」という私の質問に対して、大半の患者さんが「受けていない」と答えることからわかります。中には、何件のも歯科医院に通っていながら、一度も歯周病と言われたことがないと答える患者さんもいました。

また、歯周病の治療の経験があると答えた少数の患者さんに、「どのような治療をしましたか」と聞くと、「歯石を取ってもらった」、「歯磨き指導」、「揺れ ている歯の固定」、「ぐらぐらしていた歯を抜いてブリッジや入れ歯を入れた」、「薬をつけて、様子を見る」という回答が返ってきます。ある患者さんなどは、歯科医からはっきりと「歯周病は治らない」と告げられたそうです。


以上をまとめると、歯周病が治らない理由として考えられることは、つぎのようになります。

☆歯周病は自覚症状があまりないために、気がつきにくい。
☆末期的症状が出てからでは手遅れになりやすい。
☆誤った歯周病治療の情報が氾濫している。
☆歯周病治療に本気で取り組む歯科医がきわめて少ない。


さて、いかがでしょうか。歯周病の罹患率が異常に高い理由がお分かりでしょうか。たとえ、歯周病を治したいと真剣に思っても、治せる医療機関が限られているということです。それでも治したい方は、歯科医院で歯周病の治療を受ける際に知っておくと便利な情報を、他のページにも載せておきましたので、参考にし てください。

歯周病の治療の基本はプラックコントロールです。
プラックとは、自分の歯や被せ物の表面に付着している微生物の集合体のことです。この場合のコントロールの意味は、健康が維持できる程度の清掃と思えばいいでしょう。つまりプラックコントロールとは、病気の原因になる微生物の集合体を、健康が維持できる程度に管理することを意味します。

それには患者さん自身が行うものと、歯科医院で行うものとがあり、前者は歯ブラシを主体とした清掃で、後者は患者さんの清掃だけでは不完全な部位が対象になります。両方とも必要な行為ですが、患者さん自身のプラックコントロールが、何より重要で効果的な方法であることに異論はありません。


 
この病気を完全に治し、健康な歯周組織を取り戻すことと、その後、歯周病で歯を抜かれないために必要な条件は、以下の通りです。

1)この病気に対する基本的な知識
2)歯科医院での治療
3)日常生活でのセルフケア
4)継続的な定期検診と予防処置