港区の歯周病・インプラント | アーサクリニック
HOME>納得!歯科治療

気になる口臭

知って安心、口臭の秘密
❑気になる口臭
❑口臭の原因
(A) 病的な口臭
(B) 生理的な口臭
(C) 精神的な口臭
アドバイス




「口臭」とは、口を通じて出される不快臭(悪臭)のことですが、これを気にされる方は、年齢を問わずけっこう多いものです。そのような方々のために、「口臭」についての基礎的な知識を説明しますので、今後の「口臭」対策の参考になれば幸いです。

口臭の原因には、(A)病的なもの、(B)生理的なもの、(C)精神的なものの3つに分けることができます。(注、飲酒やたばこ、ニンニクでも特有の口臭を起こしますが、治療の対象にはなりませんので、ここでは省きます)

口臭の治療を考える上で、その原因を特定することは、とても重要なことです。それでは、それぞれの項目について簡単に説明して行きましょう。

 
病的な口臭には、歯科的(口腔に起因する)なものと全身的なものがありますが、ここでは歯科的なものに的を絞って説明します。

歯科的な病的口臭は、「むし歯」、「歯周病」、「歯の中の感染」に由来するものが一般的です。これらの口臭は疾患の一症状ですから、口臭の治療としては、それぞれの口臭の原因になって病気、つまり「むし歯」や「歯周病」や「感染根管」に対する治療が必要になります。

ちなみに、「むし歯」の場合は、むし歯が進行して歯に穴が開き、そこに食べかすが入り込んで腐敗するために口臭が起きます。「歯周病」の場合は、歯と歯茎のすき間に感染した歯周病菌の作用で口臭が生じ、それは独特の臭気を出します。「歯の中の感染」による口臭は、歯髄(いわゆる歯の神経)が死んだ後の歯の内部に腐敗菌が感染して生じ、冠をかぶせても特有の腐敗臭が漏れ出します。

生理的な口臭には、起床時、空腹時、緊張時、女性の生理時などがあります。これらは、生体の代謝や唾液の分泌量の変化によって起きますので、異常ではありません。

それでも口臭が気になる場合は、歯ブラシによる口腔清掃(歯や舌)が効果的です。また、口腔清掃が基本ですが、うがい薬の併用も効果的でしょう。


臨床的には感知されない口臭を、本人が異常に気にする場合があります。これは一種の神経症(ノイローゼ)と考えられています。これに対する治療は、精神医学の分野になります。


口臭が気になる場合に重要なことは、その原因を特定することです。原因が分かれば治療法が決まります。ですから一人で悩まないで、一度歯科に受診するといいでしょう。

歯科領域で最も多い口臭が「歯周病」による口臭です。それは、この疾患のきわめて高い罹患率を見てもうなずけます。適切な歯周病の治療をして健康を取り戻したら、口臭はなくなります。

病的な口臭の治療を考えたとき、「口臭の治療」というよりは「口臭」という一症状を出している「疾患の治療」と考えた方が正確です。つまり病的な「口臭」とは、病気のサインと思って間違いありません。

生理的な口臭の場合は、歯ブラシによる口腔清掃(歯や舌)が
効果的です。歯の表面は、歯ブラシを用いてプラック(歯の表面に付着する細菌の集合体。歯垢)の除去をします。ついでに歯ブラシで舌の上を清掃します。舌の表面には舌苔(ぜったい)と呼ばれる細菌が主体の沈着物が乗っているからです。

精神的な口臭の疑いがある場合は、すみやかに専門医に受診することをお勧めします。具体的な治療の内容は、精神医学の分野になります。