港区の歯周病・インプラント | アーサクリニック
HOME>流行の歯科情報

レジン充填vsメタルインレー

レジン充填はメタルインレーを越えられるのか?

虫歯の治療で感染歯質を除去した結果、歯はその原形を止めなくなります。その時点で、虫歯という疾患の治療は完了しますが、そのままでは「噛めない」、「しみる」、「見た目が悪い」などの障害が残ります。それを解決するための手段として、金属や合成樹脂(レジン)を用いて歯の形を回復する必要があります。

このように歯に詰め物をすること自体は、厳密には病気の治療ではありません。したがって「詰め物」は、生体にとっては異物以外の何物でもなく、使用に際してはできるだけ生体に害の少ない安全なものを選択するといったような感覚を持たなければなりません。


虫歯の治療のあとに用いる代表的な詰め物の材質には、「金属」や「レジン」の他に「アマルガム」や「セラミック」などがあります。選択の基準は、使用する歯の種類(前歯・奥歯)や部位(噛む面を含むか否か)、さらには審美的要求によっても異なります。ここでは、臨床で頻度の高い奥歯に使用する詰め物の材質について検討してみましょう。


最近、日本では奥歯の詰め物にレジンを勧める歯科医が増えました。その理由は、「材質が歯冠色のため目立たない」、「接着性があるために材質の維持のために歯を削る割合が少ない」、「失敗してもやり直しがしやすい」、「操作が簡単である」、「歯型を取って歯科技工所に送るような手間がかからない」などです。

さらに、某国立大学歯学部の著名な教授がレジンの信奉者であり、既存のメタルインレーは旧式の方法で問題が多く、レジンの方が優れているという誤った情報を、マスコミを通じて広めたことも影響しています。


しかし、世界を見渡しても奥歯にレジンを推奨している国は日本くらいだと思われます。材質の安定性や強度、さらには歯髄に対する安全性を比較してもレジンはメタルインレーの足元にも及びません。

レジンの最大の欠点は、歯質との境界部分の封鎖性です。それはレジンが硬化するときに必ず起きる重合収縮の結果であり、長期的には二次虫歯の原因になります。メタルインレーにはそのようなことがないために二次虫歯の心配はありません。

メタルインレーに対してレジンの唯一の利点と言えば、審美性くらいでしょう。そのために前歯の機能回復には、レジンが多用されます。奥歯は前歯ほど見た目の問題が起きないので、メタルインレーを推奨します。

理にかなったメタルインレーの耐久年数は、数十年(40年以上)というのが海外の権威のある雑誌には頻繁に報告されますし、それは私の臨床経験からも十分に納得できるものです。それからすると、レジンは一時的に使用する仮歯のようなものと考えていいでしょう。

メタルインレーの信頼性を証明する現象として、欧米では、患者さんの奥歯にレジンを多用している歯科医でも、いざ自分の歯に詰め物が必要になったときにはメタルインレーを希望することが統計的にみて多数派であるという事実があります。


ちなみに「アマルガム」は詰め物としての歴史が古く、現在でも世界中で使用されています。その物性はレジンより優れていて、耐久年数もレジン以上ですが、メタルインレーにはとてもかないません。最近では「アマルガム」の成分である水銀による環境汚染が問題視され、だんだんと使われなくなってきています。

審美歯科などで勧められる材質の「セラミック」は、審美性と強度にメリットがあると言われていますが、お茶碗と同じ陶材ですから「硬くてもろい」という欠点があります。その欠点をカバーするために単純な形にしなければならず、歯を余分に削るということが起きやすいでしょう。その物性からして欠けやすく、長期的な耐久性は期待できないと思われます。


「レジン」は「メタルインレー」に取って代わるような機能回復法ではありません。メタルインレーは、維持のためにレジンより歯の切削量が多めですが、隙間から生じる二次虫歯や材質の磨耗・破損がないために、長い目で見たならば、やり直しのないメタルインレーに軍配が上がるでしょう。

注意しなければいけないことは、メタルインレーを入れたからといって虫歯が治るわけではありません。あくまでもそれは単なる機能回復法であり、虫歯という疾患の治療法ではないからです。完全な虫歯の治療が完了してこそ、はじめて機能回復の効果が発揮されるのです。