港区の歯周病・インプラント | アーサクリニック
HOME>歯科Q&A

義歯(機能回復)

入れ歯は何年くらい使えるの?
ちゃんとした入れ歯なら生涯を通して使えるはずです。
ただし、どんなに良い入れ歯でも、作りっ放しはなく、定期的な診査や調整が必要です。
入れ歯が合わなくなったが?
人工物である入れ歯は落としたりしなければ、簡単に変形するものではありません。
入れ歯が合わなくなったのは、入れ歯を支える土手部分(顎骨)が吸収変化を起こしたのか、残存歯の状態(位置やしっかり度)が変化したことが主な原因です。
入れ歯の注意点は?
どんなに良い入れ歯でも、使用すれば必ず顎骨の吸収変化は起こります。
それは入れ歯という異物の持つ害です。歯がなくなった跡の土手は、本来、食物を噛み砕くようにはなっていません。ですから、入れ歯は仕方なく使用するものです。できるだけ顎骨の吸収変化を最小限にするような対応が必要です。
どうすれば顎骨の吸収変化を少なくできますか?
2つの側面が考えられます。
1つは作る側で、土手に加わる咀嚼圧を小さくさせるために、できるだけ広い面積の義歯が有効です。それは単位面積当たりの咀嚼圧を小さくさせる効果があります。もう1つは患者さん側です。合わない義歯をだましだまし使っていたり、また痛いのを我慢して使用していると、義歯により顎骨が叩き壊されるように吸収変化が起きてしまいます。
金属床を勧められましたが?
部分入れ歯の場合は金属床が必要になりますが、総入れ歯に金属床を使うメリットはほとんどありません。
逆に、土手の変化に対応するための裏打ちがしにくいというデメリットがあります。