港区の歯周病・インプラント | アーサクリニック
HOME>歯科Q&A

虫歯(治療編)

虫歯は完全に治るの?
もちろん治ります。
まだ自覚症状(痛み)がなければ、原則として治療は生涯一度きりです。一度治療した歯を、再治療しなければならないとしたら、それは単なる治療の失敗です。
虫歯の治療時期はいつ?
早期発見・早期治療が大原則です。
これは虫歯に限らず病気の治療の基本です。
虫歯の治療法は?
医療としての虫歯治療の原則は3つあります。

1.虫歯菌に侵されている病的歯質の完全除去
2.健康で十分な強度がある歯質の保存
3.歯の命である歯髄の保護、です。
ここまでが純粋な虫歯の治療です。しかし、このままでは歯がしみる、噛みにくい、話しにくい、見た目が悪いなどの機能障害が残ります。そのために、金属やレジンなどを用いて、機能回復のための修復処置が必要になります。ですから、つめ物がしてあるからといって、虫歯の治療がされているとは限りません。
どうして虫歯は再発するの?
それは、ちゃんとした虫歯の治療がされていないからと思っていいでしょう。
一度治療したにもかかわらず、その後やり換えになるケースにはいくつかのパターンがありますが、いずれにしても虫歯の取り残しや見落とし、また修復物の不良など、治療の失敗には変わりません。
つめ物が取れてその下が虫歯に!歯磨きが原因?
その可能性はほとんどないと思います。
経験的に言って、このような虫歯は、そのほとんどが最初の治療時に取り残した可能性があります。しかし、例外的にレジンで詰め物をした場合に限り、長期的な封鎖性に問題がありますので、虫歯の再発には注意が必要です。
最近、忙しくてちゃんと歯を磨いていません。虫歯になりますか?
今後新しい虫歯ができる可能性はないと思っていいでしょう。
もしもあなたが成人なら、現時点で虫歯のない歯冠表面には、今後新しい虫歯ができる可能性はないと思っていいでしょう。仮に虫歯が見つかったとしたら、それは以前にできた虫歯を見落としていて現在にまで至ったものか、あるいは根面にできる特殊な虫歯くらいです。永久歯のエナメル質にできる虫歯は、加齢によってその発生頻度は減少していきます。詳しくは、「納得!歯科治療」の「う蝕(虫歯)」を参照してください。
虫歯は再石化して自然に治ることがあるって聞いたけど?
それはごく初期の虫歯で、それも清掃可能な平滑面(比較的平らな歯面)に生じた虫歯に限ったことです。
ほとんどの虫歯は、咬合面(噛む面)の小窩裂溝(くぼみや溝)と隣接面(歯と歯の間)にできますから、原則として、虫歯の自然治癒はないと思った方がいいでしょう。
虫歯の痛みはどうして起きるの?
意外かもしれませんが、虫歯は痛くない病気です。
なぜかと言うと、虫歯は、神経や血管が通っていない歯の硬組織の病気だからです。虫歯の歯が痛くなるのは、病気が進行した結果、病原菌が歯の中心部にある歯髄(いわゆる神経)に達して歯髄炎という別の病気を引き起こしたためです。みなさんが痛いと思っていたのは歯髄炎の痛みだったのです。