港区の歯周病・インプラント | アーサクリニック
HOME>歯科Q&A

歯周病(治療編)

歯周病ってどんな病気?
歯周病という病名は、実はその定義や分類があいまいですので、ここでいう「歯周病」は最も罹患率が高い「成人性歯周炎」を指すことにします。この病気は青年期に発症する慢性の疾患で、初期の症状は歯肉の発赤やわずかな腫れ、歯ブラシなどの刺激による歯肉からの出血などです。病状が進行すると歯と歯肉の隙間(歯肉溝)が病的変化を起こし、深くなって歯周ポケットを形成します。その後、歯を支えている歯槽骨は破壊され続け、歯は抜け落ちることになります。
歯周病の原因は?
プラックです。プラックとは、歯の表面に付着している微生物の集合体のことで、その細菌構成は各個人によって、また歯の部位によって異なります。つまり、病原性の高いプラックとそうでないものとがあるということです。また、歯周病になりやすい人となりにくい人がいるのも事実ですから、これらのことから、歯周病は「悪玉菌の存在」と「善玉菌の欠如」と「個体の感受性」のバランスによって、その発病や進行に差が出ると思ってください。
悪い噛み合わせも歯周病の原因になると聞きましたが?
それは間違いです。かつては咬合性外傷が歯周病の原因の一つと考えられていましたが、その後の細菌学的研究の発展により現在は否定されています。
歯周病は完全に治るの?
治ります。
歯を支える歯槽骨が残っていればいるほど、治療は容易で完全に治る可能性が高まります。もしも歯科医から「歯周病は治らない」と言われたら、それは「ここでは治せない」という意味です。歯周病治療では、「歯を残す」イコール「歯槽骨を残す」ことを意味していると思っていいでしょう。歯は鏡で見えますが、歯槽骨は歯肉に隠れて表からは見えませんので、注意してください。
歯周病の特効薬があると聞いたけど?
現時点で、そのような薬はありません。
とても進行が早い特殊な歯周病の場合は抗生物質が効果的ですが、その場合でも、治療の基本は患者さんによるプラックコントロールです。
歯周病菌を飲み込むと全身の病気になる?
心配いりません。
歯周病菌といっても、それは口腔常在菌の仲間で、健康な口の中にも存在しているのです。
歯周病と歯肉炎は違うの?
違います。
歯肉炎は、歯周病と違って歯槽骨の破壊がありません。歯肉に限局した病気です。以前は、歯周病の初期が歯肉炎と考えられていましたが、その後の研究で、歯肉炎をそのまま放置していても、必ずしも歯周病になるわけではないことがわかっています。しかし、歯周病治療の基本であるプラックコントロールは、両者を区別して行うことは原則としてありませんので、あまり気にすることはないでしょう。
歯周病はどうすれば治るの?
歯周病を治せる歯科医院にかかることです。
たとえどんなに自分で一生懸命に歯を磨いたとしても、それが効果的に作用しているかどうかは、素人にはわからないものです。歯肉が健康かどうかは、トレーニングを積んだ歯科医に調べてもらう必要があります。
電動歯ブラシや超音波歯ブラシはいいの?
歯そのものの清掃効果は、手で磨くのと差はないといわれています。
しかし、歯周病の治療や予防のための歯磨きは「溝磨き」といって、磨く対象が歯そのものではなく、「歯肉溝」という歯と歯肉とのすき間です。そのため「溝磨き」はデリケートな磨き方ですから、歯周病に限っていえば、現在の電動歯ブラシは、そのブラシの形状や動きからして不向きだと思います。
タバコと歯周病は関係あるの?
歯周病も例外ではありません。喫煙がいろいろな病気の原因やリスク要因になることは、よく知られています。
喫煙がいろいろな病気の原因やリスク要因になることは、よく知られています。それは、喫煙が人体の免疫力を低下させたり、歯肉の血液循環を悪くさせ組織抵抗性を弱めることが、研究でわかっています。このことはまた、タバコを止めただけで歯肉の状態が明らかに改善したケースが、臨床上しばしば見られることからも想像できます。