港区の歯周病・インプラント | アーサクリニック
HOME>歯科Q&A

神経の治療(治療篇)

歯の神経は抜いても大丈夫なの?
大丈夫ではありません。歯にとって死を意味します。
いわゆる「歯の神経」と呼ばれているものは、正確には「歯髄」という組織です。「歯髄」には、神経・血管はもちろんのこと、炎症に対する防御や組織修復のために必要な細胞たちが詰まっています。歯にとって「命」そのものが「歯髄」なのです。ですから、歯そのものがダメになって抜かれる歯は、必ず歯髄を抜かれた死んだ歯のはずです。
歯髄は何をしているの?
歯髄には健康な象牙質の厚みを一定にしようとする能力があります。
虫歯が象牙質まで進行しても、歯髄が健康なら、新しい象牙質の壁を作りながら歯髄自ら 虫歯から逃げていくのです。
これが歯髄の防御反応です。ところが、歯髄の仕事が間に合わないくらいに虫歯の進行が速いと、歯髄は火災報知機に変わり、冷たいものがしみるとか、甘いものがしみるといったような「痛み」というシグナルを発信します。そのシグナルを放置していたり、いい加減な処置を繰り返していると、歯髄は感染してしまい、歯髄炎を起こしてしまうのです。
そうなったら元の健康な歯髄には戻れないため、歯を殺さなくてはなりません。
歯髄を取られないためにはどうすればいいの?
歯髄炎症状が出る前に、つまり痛くも痒くもないときに、やり換えのない虫歯の治療をすることです。
歯髄を取るとなぜ歯はダメになるの?
歯が死んでしまうために、歯の防御反応を失ってしまうからです。いわゆる神経を取った歯は、たいてい次のようなトラブルを抱える結果、いずれ抜かれる道を歩み始めます。それは、根尖病巣(歯根の尖端にできる歯周病)、歯根縦破折(歯根が縦に割れること)、重度の虫歯です。
根尖病巣について教えて下さい。
この病気は、穴の空いた歯髄腔(歯髄が収まっていた歯の内部の部屋)に、唾液や器具から  口腔常在菌が感染することにより生じます。
その結果、歯根の先にある歯槽骨を破壊し、膿んだりして病巣ができます。
この病気は慢性の経過をたどりますから、通常は特に痛みはありません。
ただし、身体の抵抗力が損なわれるような、たとえば風邪をひいたとか、寝不足しているとか、精神的ストレスがあるときは、一時的にその歯が浮いたような感じになって、 噛むと痛くなる場合があります。
治療に耐えうるだけの歯質が残っていれば、適切な治療により、この病気は完全に治すことが可能です。
歯根縦破折について教えて下さい。
いわゆる神経を取った歯に特徴的に起きる現象です。
歯は歯髄が健康であれば、簡単に歯根が縦に割れることはありません。それは、歯髄がからだの他の組織と同様に血液循環をしているために、生きている歯は硬そうに見えてもある程度の粘り強さがあるからです。一方、死んだ歯は歯髄を取った時点で血液循環はなくなり、同時に脱水化が始まります。これは樹木を切り倒して材木にしたのと似ています。切り倒された時点から樹木は、脱水化が始まり、変色と共に硬くなってもろくなります。死んだ歯もそれと同じです。
失活歯(死んだ歯)の虫歯について教えて下さい。
虫歯は、歯の硬組織の病気ですから、歯が生きていようが死んでいようが、その発生に関係ありません。
しかし虫歯の進行状況には、歯の生死の違いで決定的な差があるのです。失活歯は歯髄がないために、虫歯に対する防御反応や火災報知機の役目ができないのです。虫歯がどんなに大きくなっても誰も教えてくれないために、その虫歯に気がついたときには手遅れということになりやすいのです。